着物買取体験論

着物、タンスに眠っていませんか?嫁入り道具として、一式持たせてもらったのはいいけれど、最近は着る機会もほとんどなくなりました。たまに街で素敵な和服を着こなしている女性を見かけますが、いざ自分もと思うと着付けも面倒だし、第一着ていく機会もあまりないものです。保管するにも専用の和ダンスに入れないといけなくて場所をとるし、虫がつかないように気を配らなくてはいけません。また、たまには風を通してあげないといけないので、着る機会がない割には手間がかかります。でも、着ないけど捨てるのはちょっと・・という方は多いです。ほとんど着ていないけれど、値の張るものだということはわかっているし、もったいないですよね。

そんな方は、着物買取サイトがオススメです。買取といえば、本やCD、ブランドバッグなどをイメージしますが、着物も買取業者がちゃんとあります。最近は、捨てるくらいなら買い取ってほしいという需要が増えているのか、買取業者の数も増えています。買い取ってもらえば、保管していたスペースが空いてスッキリしますし、そのスペースに他の洋服がしまえます。また、タンスの肥やしになっていた着物を誰かが着てくれると思うと、着物もきっと喜んでいます。また何よりも、捨ててしまえば1円にもならずに「もったいなかった」という思いだけが残りますが、買い取ってもらえば、それなりの価値を査定してもらえて、お金が入ってきます。買い取ってもらったお金で新しい洋服を買うのもいいですよね。

そこで、「こんな何十年もタンスにしまっていた着物が売れるの?」とか、「傷があるから買い取ってもらえないんじゃないか」といった不安が出てくるかと思います。もちろん業者にもよるかと思いますが、大抵の業者は、長年タンスの肥やしになっていたようなものでも買い取ってくれます。そもそも、最近買ったばかりという着物を売る人はあまりいません。買取業者もその辺は理解しています。多少の傷があっても、買い取ってくれます。有名な作家さんのものであれば、思わぬ高値で売れるかもしれません。

わざわざ売りに行くのは面倒だという方はいらっしゃるかもしれませんが、着物買取サイトであれば、自宅まで出張で査定に来てくれたりもしますし、電話での査定もあります。査定の値段が気に入れば、買い取ってもらえばいいし、気にいらなければ断ればいいのです。もし自宅に眠っている着物があって、その後に着る人もおらずに捨てようかどうか迷っている方は、一度着物買取体験をしてみてはいかがでしょうか。

What's New

2015/09/11
大手百貨店や老舗呉服店の銀座越後屋やゑり善で購入したものは、着物買取に売却可能を更新しました

2014/10/09
小物なども一式を更新しました

2014/10/09
着物買取してみた結果を更新しました

2014/10/09
着物買取を利用しようと思った訳を更新しました

2014/10/09
高価買取のポイントを更新しました

2014/10/09
初めての着物買取を更新しました

2014/10/09
着物買取体験論を更新しました

2014/10/09
小物なども一式を更新しました

2014/10/09
着物買取してみた結果を更新しました

2014/10/09
着物買取を利用しようと思った訳を更新しました

reccomend

ウールの着物
ウールの着物
ウールの着物は、シワにならず手入れも簡単で、また一年を通して単衣で着用でき、丸洗いできるなど経済的なことからも普段着として人気があります。

紬
紬は、旅行、買い物などに街着、趣味の着物として着用されます。

結城紬
結城紬
茨城県結城市で生産される結城紬は、居坐機(いざりばた)で織られた紬でその技術、値段ともに最高級品で重要無形文化財にも指定されている織物です。