高価買取のポイント

着物は高いですから新品を数多く手にれることは難しいかもしれません。わたしも和装品を着ることが大好きなので良く着るのですが、枚数が少ないのが悩みです。一枚を繰り返し着ると汚れてしまいその汚れを落とすのが大変です。もう何枚か入手しローテーションを組んで使えば痛みが少なく長持ちするのではないかと考えたのです。しかし、買うとなるとかなりの金額になってしまいます。そこで考えたのが、とりあえず今持っている和装品を売ってそのお金で古着着物を買い揃えればいいのではないかと気付きました。私は古着に対して拒否反応はありませんからその方が良いのです。

そのためには和装品が高く売れてもらいたいので色々調べました。和装品を売るとき高価買取のポイントがあることが分かりました。それは、著名な作家が制作した品と自治体や各種団体が伝統工芸品と認定したもの、流行のもの、状態が良いものです。作家が作成したものなどには証紙がついています。今流行している和装品は丈の長いものです。これら2つは私達が和装品を買う時も重要ですが売る時はすでに持っているのであまり関係がありません。となると保存状態が私達の努力次第で有利にできる要素です。まず正しく保存することです。

そうすれば虫食いやシミを避けられる可能性が高まります。和装品を売りに行く前にしっかりしたチェックはかかせません。汚れがあった和装品は和装品専門クリーング店でクリーングしてもらいました。近所に和装品専門買取業者があるのでそこで売却してもよかったのですが、売ってしまう前にインターネットで買取価格の相場を調べておきました。インターネットなら簡単に検索して評価の高い買取サイトを見つけられます。

買取サイトの特徴は24時間受け付けていること、査定が無料であること、送料を無料にしてくれることです。査定が低くて不満なら無料で返送してくれます。複数の買取サイトと地元の業者の査定を比較検討して本命の売却先をきめました。その売ったお金にいくらか足して新品の和服を買っても良いのですが、中古品なら格安で良い状態の品が一式揃えられます。そして自分の体の寸法をしらべておきました。反物からオーダーメイドで作られているので寸法が一品一品違うからです。

自分にぴったりな品が見つかるかは運次第ですがこの時は運良く自分に合う品を買えました。その後まめにサイトを覗いています。買った中古の和装品を十分堪能したあと売りました。こうすることでいろいろな色柄や素材の品を楽しめます。そして長期保管の必要がないので手間がかからず買取サイトを桐箱代わりに利用できるのです。ぜひみなさんも着物買取サイトを活用して下さい。

reccomend

ウールの着物
ウールの着物
ウールの着物は、シワにならず手入れも簡単で、また一年を通して単衣で着用でき、丸洗いできるなど経済的なことからも普段着として人気があります。

紬
紬は、旅行、買い物などに街着、趣味の着物として着用されます。

結城紬
結城紬
茨城県結城市で生産される結城紬は、居坐機(いざりばた)で織られた紬でその技術、値段ともに最高級品で重要無形文化財にも指定されている織物です。