着物買取を利用しようと思った訳

皆さん着なくなった着物をどうされていますか。わたしは和服を着るのが好きなので数多く所有していたのですが、最近あまり着る機会がなくなってしまいました。飽きたわけではなくただ仕事が忙しく和装をできるイベントに参加できなくなったからです。例えば正月なら振り袖、夏祭りなら浴衣、さらに七五三や入学式や卒業式そして成人式などですが、仕事ではスーツが正装ですから日常で和服を着る機会がないのです。これは両親や祖父母にとっても同じことでして、家族みんな洋服で生活しています。結局我が家では家族の着なくなった和服がタンスやクローゼットの肥やしになっている状態でした。

収納している和服は防虫剤と共にタンスにしまってあるのですが、そのままにしていると生地が痛む気がしていました。それに丹精込めて作ってくれた職人たちにも申し訳なく、陽の目の見ない和服たちが可哀想に思えてしかたがなかったのです。ならばどうしたら良いかといろいろ思案したのですが和服を大切にしてくれる別の方に譲ったほうが和服にとっても良いのかなと考えるにいたり、大切にしていた愛着のある和服を手放そうと決意したのです。

これが私が着物買取を利用しようと思った訳です。いざ売ろうと思い立ってもなかなか腰が重くて行動に移せませんでした。想い出の和服を売るのには抵抗があったというのが理由です。日本人ですから洋服を売るのとはちょっと違う感覚なのかもしれません。地元では和服を買い取ってくれる専門業者は有りませんでした。リサイクルショップに相談したら古着扱いで買取価格も安かったのです。

こういうものなのかと思い友人に相談したら、今は外国人や若者に和装が人気で結構高い値で売れるとアドバイスをもらったので、専門買取業者を調べるためにインターネットで検索しました。店頭と違い相手の顔が見えないので不安でしたが口コミで評価の高い業者を数社調べあげ交渉してみることにしました。ネットの業者だけあって全国対応、査定と送料が無料というお店がほとんどです。その中の一社に売ることを決めました。金額は明らかにリサイクルショップよりも高く査定されて売ることが出来てよかったです。

接客態度もよく丁寧に説明してもらえて満足しています。和服たちも新しい活躍の場を得られてきっと喜んでいることと思います。このようにもう着なくなった着物をタンスの肥やしにしている人がいましたら和装専門の買取サービスを利用してみたらいかがでしょうか。

reccomend

ウールの着物
ウールの着物
ウールの着物は、シワにならず手入れも簡単で、また一年を通して単衣で着用でき、丸洗いできるなど経済的なことからも普段着として人気があります。

紬
紬は、旅行、買い物などに街着、趣味の着物として着用されます。

結城紬
結城紬
茨城県結城市で生産される結城紬は、居坐機(いざりばた)で織られた紬でその技術、値段ともに最高級品で重要無形文化財にも指定されている織物です。