大手百貨店や老舗呉服店の銀座越後屋やゑり善で購入したものは、着物買取に売却可能

大切にしてきた着物を自分自身で着用することができなくなったとき、他の誰かに引き継ぐことができないときには着物買取店に売却することができます。 着物買取店では店頭での買い取り方法の他に、出張買取や宅配買取、または業者によってはメールによる買い取りも実施されています。

店頭まで直接行けない人にとっても、便利なサービスが展開されていますので、出張買取や宅配買取の方法を選択することによって、持ち運ぶ必要なく自宅に居るままで売却ができます。 着物の場合は、大手百貨店や老舗呉服店で購入したものであれば、着物買取店に売却するときに高値の査定価格を付けてもらえる期待ができます。 着物の販売を行っている大手百貨店としては、高島屋や松坂屋、伊勢丹、小田急、そごう、三越、大丸などがあります。 老舗呉服店としてはゑり善があって、半襟のお店として開業してから創業420年の歴史を誇っています。

現在ではカジュアルな着物やフォーマルな着物など、あらゆるジャンルの着物や帯を取り扱っているお店となっていて、京都ならではと言える際立った振袖や訪問着など、長い歴史を積み重ねることによって培われてきたゑり善好みは数多くの方に愛されています。 銀座越後屋は250年の歴史を持っている老舗の呉服店で、古典柄などの華麗なフォーマルの着物や帯など、様々な場面において安心して着用可能な正統派の品々が取り揃えられています。 青山ゑり華では、金沢の本店と同じように豊富に加賀友禅の品々を取り揃えていることで評判の高いお店となっていて、加賀友禅は作家ものとして逸品から小物まで様々な品々があります。 加賀小紋や牛首紬など、石川県の染織品に力を入れているお店で、有名作家の着物などは着物買取店で高額な価格で売却ができます。

きしやは大正13年創業のお店で、きしや好みと呼ばれる独特の柄にこだわって着物を制作しており、繊細な美しさや格調の高い着物や帯の販売をしています。 これらの大手百貨店や老舗呉服店で購入した着物については、着物買取店で高値で買い取ってもらうことが可能です。

産地織りの染め織品である、・加賀友禅・久米島絣、牛首紬・越後上布、結城紬などの着物を持ったままで、タンスの肥やしにしているときには、着物買取店に持参して査定を受けることがおすすめです。 産地織りの染め織品や、有名作家の染め織作品などは高額な買取価格になると考えられます。

染め織作品として着物買取店で高額買取が期待できるのは、人間国宝である千葉あやの、羽田登喜男、志村ふくみ、平良敏子、小宮康助の作品が挙げられます。 ブランド帯も高額買取をしてくれる品物となり、川島織物、龍村平蔵、服部織物・渡文などがあります。

reccomend

ウールの着物
ウールの着物
ウールの着物は、シワにならず手入れも簡単で、また一年を通して単衣で着用でき、丸洗いできるなど経済的なことからも普段着として人気があります。

紬
紬は、旅行、買い物などに街着、趣味の着物として着用されます。

結城紬
結城紬
茨城県結城市で生産される結城紬は、居坐機(いざりばた)で織られた紬でその技術、値段ともに最高級品で重要無形文化財にも指定されている織物です。